Headline

FECオフィス音楽事業部Qwacchi-Noiz、メジャーデビュー決定!?
2018.10.4
シーサー絶賛!キジムナー歓喜!


祝!とうとう"メジャーデビュー"しちゃいます!
Qwacchi-Noiz、メジャーデビューが決定!!

FECオフィスが2017年に設立した音楽レーベル「Qwacchi-Noiz」。
これまでハイアップローを皮切りに、護得久栄昇、アザラシ、大兼のぞみ with.DJレイコ(GSO PRO)の楽曲をリリース。
これ迄リリースした楽曲は全12曲。沖縄の配信サイトチャートでは全曲初登場1位を獲得している。
そんなQwacchi-Noizが、とうとう"メジャーデビュー"しちゃいます!


ファニーズ「MA SA KA YAH!」がメジャーレーベルで22年の時を経て復活!
れもんけーき節には続編あった。同時期に制作されていた護得久栄昇の新曲「マドレーヌ節」満を持しリリース、
県外のライブでも完売になる程。話題の「大兼のぞみ with.DJレイコ
FEC真打ち・まーちゃんが率いる動物系アイドルユニット「アザラシ」、
平均年齢21歳!沖縄若手芸人では実力人気では抜きん出た「ハイアップロー」、
中城村出身・謎のラッパー「MC護佐丸」、
他のヤギより知能指数が高いため、敏感に死期を読み取る「やぎのシルー」等が集結。
これぞ珠玉の「Made in Uchina-サウンド」が全18曲。


CDアルバム『クヮッチーノイズ
2018年10月31日発売!
VICL-65065 ¥2500(Without tax)


ウチナー・オードブルをモチーフにしたインパクトがあるジャケットなど、
アートワークプロデュースは「レディー・ヒガ」が手掛けている。

サウンドプロデュースには、
よはな徹、KUGANI、東外門清順、GSO PRO、TAKUYA SUGAMAらが名前を連ねる。


FEC旗揚げ25周年を記念し、
皆様へ、最上級のステージでアルバムをお届けします!


<収録楽曲>
1.  
Introduction./やぎのシルー
作:いさお名ゴ支部、KUGANI

2.   MA SA KA-YAH!/ファニーズ
作詞曲:ファニーズ

3.   愛さ栄昇節(Single ver) /護得久栄昇
作詞:護得久栄昇、仲座健太 作編曲:與那覇徹

4.   ハイアップロー/ハイアップロー
作詞曲:ハイアップロー、ローメル&鉄ちゃん 編曲:L-LINE、KUGANI

5.   ユタうむしるむん/大兼のぞみwith.DJレイコ
作詞曲:大兼のぞみ with.DJレイコ 編曲:Good Fives Riddim Lab

6.   いまがいい。/アザラシ
作詞:まーちゃん 作編曲:KUGANI

7.   護得クッキー!栄ショコラ!/護得久栄昇
作詞:東外門清順 作曲:與那覇徹 編曲:KUGANI、與那覇徹

8.   Let's 清明祭(Album ver)/大兼のぞみwith.DJレイコ
作詞曲:大兼のぞみ with.DJレイコ 編曲:Good Fives Riddim Lab

9.   たーがしーじゃか/護得久栄昇
作詞曲:東外門清順 編曲:與那覇徹

10. YUTORI/ハイアップロー
作詞:ハイアップロー 作編曲:KUGANI

11. 汝ぐとーるむんが/護得久栄昇
作詞:護得久栄昇、仲座健太 作編曲:與那覇徹

12. HA-YA/ハイアップロー
作詞:ハイアップロー 作編曲:KUGANI

13. マドレーヌ節/護得久栄昇
作詞:東外門清順 補作詞:仲座健太 作編曲:東外門清順

14. 旧盆メランコリア/大兼のぞみwith.DJレイコ
作詞:大兼のぞみ 作曲:大兼のぞみ、KUGANI 編曲:KUGANI

15. わかるよね口説~護得久栄昇は常に用意周到~/護得久栄昇 feat.MC護佐丸
作詞:仲座健太 作曲:KUGANI 編曲:KUGANI、與那覇徹

16. Happyいっとーばい/アザラシ
作詞:まーちゃん 作編曲:KUGANI

17. 護得久栄昇チンダミ口説/護得久栄昇
作詞:翁長太郎、仲座健太 作曲:沖縄民謡 編曲:與那覇徹、KUGANI

18. Coda./やぎのシルー
作:いさお名ゴ支部、KUGANI


沖縄は歌と舞いの島、そして、もちろん笑いのクニでもある。
ウチナーの、そんなはち切れんばかりのユーモア&島LOVEの才人を紹介し続け、
県内で一大勢力にのぼりつめたのがFECだ。

本作は、今や全国区となった島唄ナゾの巨匠、護得久栄昇を筆頭とし、
25年の活動を「歌」「ダンス」「ウチナー口による笑い」という沖縄の三大文化要素をダイナミックにまとめたオムニバス・アルバムである。

名手・與那覇徹らを配下に従えた護得久会長の「オレさまを誰だと思っているのじゃ!」という唯我独尊・孤高のヒット・ソングスは、
ブレイクした昨17年以来、沖縄音楽界に激震を及ぼしていることは言うまでない。
 
そして、FECの原点ともいうべきファニーズの幻の録音も今ここに復活。
やぎのシルー、ハイアップロー、大兼のぞみ with.DJレイコ、アザラシ MC護佐丸、MARCE SAUCE……オーマイガー!のラインナップ。

シーサーやキジムナーら島の守り神もビビる?

「若い沖縄の新感覚」にひたる作品に仕上がった。
収録楽曲が、すべて沖縄の配信サイトで初登場1位を獲得するという恐るべきアルバムでもある。


☆各界の著名人からのコメント☆

■古謝美佐子(沖縄民謡歌手)
民謡、ラップ、ヒップホップ、レゲエ、J―pop風、
ユーロビート風、シャンソン、ETC、、、
歌詞もサウンドもバラエティに溢れてて、
私も楽しく聴きました!!オススメです!
さすがFEC!デージ上等!!


■よなは徹(プロデューサー)
[クヮッチー]とは沖縄の言葉でご馳走のこと。
皆さま、極上の音楽のご馳走をフルコースで味わってみませんか?


■佐古忠彦(映画“米軍が最も恐れた男その名は、カメジロー”監督)
歌声を聞けば
元気になる。楽しくなる。
25年の歴史と未来が見える!
FECが愛おしくてたまりません。


■岸本司(映画監督)
一攫千金を求めて中央に迎合するだけがローカル芸人の道ではないのだろう。
FECは知っている。
宝物はいつでも足元に埋まっていることを。

宝を求める冒険者たちの遥か後方で、
沖縄の歴史や文化を掘り起こし、その黄金の山で永遠に戯れる集団。
それがFECなのです。
たぶん。


■藤田正(琉球フェスティバル/コザ・てるりん祭)
泣いた。そして吠えた。
初めてレゲエとラップを実体験した70年代ニューヨークの現場と、これ同じ匂いじゃないのぉぉ?って。
FEC25周年記念盤に詰め込まれた徹底した「島ローカル」なオレオレ主義とラジカル臭。
地元ヤギ汁まで平然とネタにするなんて、ストーンズやマーリーもびっくりのオムニバスJah、ラスタファーライ。









お問い合わせ
株式会社JVCケンウッド・ビクターエンタテインメント
有限会社FECオフィス音楽事業部Qwacchi-Noiz
(098-869-9505/担当:比嘉)